四十肩・五十肩

症状

腕を上げるのが痛い

服を着たり脱いだりする動作が辛い

後ろに手を回すのが痛い

 

四十代・五十代に多く発症するため四十肩・五十肩と呼ばれていますが、正式には肩関節周囲炎といいます。

肩こりとは違い、肩の前方に痛みを感じる場合が多いです。

なにげなく腕を上げたときにズキンと鋭い痛みが発生します。

原因

肩関節の可動の悪さ

肩甲骨の可動の悪さ

血液循環の悪化 など

 

初期の急性期は痛みが強く炎症が強いので安静にし無理な可動を控えます。

鈍い痛みとともに可動制限が出てくる拘縮期では筋肉が硬くなってきます。

動かすと痛いので怖くて動かす機会が減ってしまいますが、拘縮期には動かしていかないと回復が遅れます。

なかなか改善しない場合は腱板損傷や滑液包炎の可能性もあるので整形外科での診察も有効です。

施術

ローテーターカフ(回旋筋群)のほぐし

肩甲骨の可動付け

胸鎖関節、肩鎖関節、胸肋関節の可動付け

 

筋肉が硬くなっていますので肩回りの筋肉を緩めていき、関節の可動付けを行っていきます。

施術はできるだけ痛くないようにしますが、可動範囲を広げていく上で多少の痛みは伴います。

自然に治癒することもありますが、しっかりケアしておくことで痛みがなくなったあとの可動範囲に差がでます。